お知らせ

法令改正情報

      (予定が決まり次第お知らせします。)


会議開催のお知らせ

  • 1.総会

    (予定が決まり次第お知らせします。)


  • 2.理事会
    第26回理事会
    日時:2019年5月16日(木) 14:30~15:45
    場所:メルパルク大阪 5階「ル・マノワール」

  • 3.優良社員表彰
    第20回優良社員表彰(平成31年度事業)
    優良社員表彰につきましては、昭和56年からこれまで隔年で19回実施してまいりました。
    第20回表彰式も、2018年6月13日開催予定の定時総会時に実施いたします。
    開催日:平成31年6月13日(木)(詳細が決まり次第お伝えします)
    場 所:八芳園 2階/サンライト
    (URL: http://www.happo-en.com/access/)       

  • 4.運営委員会

    (認定)

    2019年度第1回認定事業場運営委員会
    日時:2019年5月16日(水) 14:00~14:15
    場所:メルパルク大阪(ル・マノワール)

    (法定整備)

    2019年度第1回法定船用品整備事業場運営委員会
    日時:2019年5月16日(水) 13:30~14:15
    場所:メルパルク大阪(ラ・シェノウ)

  • 5.正副会長会議

    (予定が決まり次第お知らせします。)

事業委員会の開催状況(2019年4月以降)

 ○今後の開催予定

           
実施日 場所 会議等
2019年5月27日(月) 当会会議室 第1回 船用品整備技術講習委員会
2019年5月27日(月) 連合会館 第1回 品質管理の高度化に関する調査研究委員会WG

 ○2019年度の開催状況

    
実施日 場所 会議等
2019年4月11日(木) 第7東ビル 1F会議室 第1回 救命艇装置整備技術講習委員会
2019年4月24日(水) 第7東ビル 1F会議室 第1回 船舶用消防設備整備技術講習委員会
2019年5月14日(火) 連合会館 第1回 製造工事管理者品質管理講習・研修委員会
2019年5月15日(水) 第7東ビル 1F会議室 第1回 修繕工事管理者品質管理講習・研修委員会

講習会・研修会の開催予定

1.舶用機器製造工事管理者関係(予定が決まり次第お知らせします。)


2.舶用機器修繕工事管理者関係(予定が決まり次第お知らせします。)


3.膨脹式救命いかだ整備技術者関係(予定が決まり次第お知らせします。)


4.降下式乗込装置整備技術者関係(予定が決まり次第お知らせします。)


5.GMDSS救命設備整備技術者関係(予定が決まり次第お知らせします。)


6.救命艇装置整備技術者関係

2019年度(第22回)救命艇装置整備技術研修会

以下の通り、救命艇装置整備技術研修会を開催いたします。

1.期間:2019年8月20日(火)~21日(水)
2.場所:東京海洋大学越中島キャンパス(越中島会館他)

東京都江東区越中島2-1-6

(URL: http://www.kaiyodai.ac.jp)


【添付資料】
開催案内: 2019年度(第22回)救命艇装置整備技術研修会
参加申込書: MS-Word 又は Adobe Acrobat



7.GMDSS救命設備積付け関係(予定が決まり次第お知らせします。)


8.イマーション・スーツ整備技術者関係(予定が決まり次第お知らせします。)



    9.膨脹式救命胴衣等整備技術者関係(予定が決まり次第お知らせします。)


    10.船舶用消防設備整備技術者関係(予定が決まり次第お知らせします。)


    11.磁気コンパス整備関係(予定が決まり次第お知らせします。)

標準的な「膨脹式救命胴衣等の自己点検整備要領」を改訂しました。

小型船舶用膨脹式救命胴衣及び膨脹式作業用救命衣(以下「膨脹式救命胴衣等」という。)については、その使われ方や保管方法等がその性能に大きな影響を与えることから、標準的な「自己点検整備要領」を改訂することとし、作業を進めてまいりました。作業に当たっては、当協会内に救命器具メーカーを中心とした検討委員会を設け、委員会を5回開催し、審議を行ってまいりました。
このたび「ユーザーによる膨脹式救命胴衣等の自己点検整備要領」の改訂版が纏まりましたので、ご紹介いたします。

団体PL保険のおすすめ

その他(国土交通省からのお知らせ等)

  • ●平成30年度「防災週間」及び「津波防災の日」について

    我が国は、その位置、地形、地質、気象等の自然的条件から、台風、豪雨、津波や地震といった自然災害が発生しやすい国土となっており、昨年7月の九州北部豪雨等により全国各地で様々な被害が発生。本年に入ってからも、6月に大阪府北部の地震、7月には豪雨による被害が発生している。こうした我が国の国土の特徴に鑑み、政府、地方公共団体等防災関係諸機関を始め、広く国民が自然災害についての認識を深めるとともに、これに対する備えを充実強化することにより、災害の未然防止と被害の軽減に資するよう、「防災の日」及び「防災週間」を設けることとしている。更に、平成23年6月に「津波対策の推進に関する法律」が制定され、国民の間に広く津波対策についての理解と関心を深めるため、11月5日が「津波防災の日」と定められました。今般、国土交通省海事局より別添のとおり、周知の連絡がありましたのでご連絡致します。

PAGE TOP